トップページ >

2017年12月19日  「経済産業大臣賞」の記事が読売新聞に掲載されました。

2017年12月8日  第7 回カーボン・オフセット大賞「経済産業大臣賞」を受賞致しました。

【“CO2 ゼロ”自動販売機&配送サービス】
〜宇都宮産J-クレジットを活用した地域貢献型カーボンオフセット〜
当社は、広告・共通割引クーポンつき自動販売機「フリーポン」の設置とフルオペレーションサービス(商品の配送・補充、自動販売機の売上回収、空き容器の回収等の作業)の提供業務を主として行っており、このほかにも、飲料や地元産コシヒカリ等の通信販売業務も行っております。

 

 

「フリーポン」とは、飲料を購入すると自動販売機に取付けたキオスク端末から広告付きのクーポンが発券される全国初の広告・情報発信サービスです。クーポンの裏面は各協賛店で利用できる共通クーポンとなっております。
カーボン・オフセットの取り組みは、フリーポン自動販売機の電力使用によるCO2 排出量と、通信販売の配送に伴うCO2 排出量を、地元宇都宮市内の一般家庭住宅における太陽光パネルの設置者による取り組み「みやCO2 バイバイプロジェクト」により創出された「みやクレジット」(J-クレジット)でカーボン・オフセットするというものです。

 

「みや CO2 バイバイプロジェクト」は、宇都宮市が実施し、太陽光発電設備を設置した市民で構成された任意の取り組みで、プロジェクトの会員が太陽光発電設備を設置したことによって、二酸化炭素排出量の削減に寄与した「環境価値」を市がとりまとめ、国において、取引可能な「J−クレジット」の認証を受けたものです。売却収入は「宇都宮市環境創造基金」に積み立て、学生団体による環境活動等に活用されています。

 

「みや CO2 バイバイプロジェクト」の取り組みに参加した市民の2015 年度のCO2 削減量は139 トンで、当社が全量を購入させていただきました。
当社では、2016 年度の自動販売機「フリーポン」の使用電力量のオフセット119 トンと、通信販売の配送(再配達を含む)に伴うCO2 排出量10 トンの合計129 トンをオフセットいたしました。
これらの取組が高く評価され、カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)主催の「カーボン・オフセット大賞」にて「経済産業大臣賞」を受賞いたしました。

今後はフリーポンで割引を受けた場合にオフセットができるような仕組みも構築する予定で、市民による主体的な CO2削減活動を支援し、地元地域の環境活動の普及と、エコ意識の向上を目指して参ります。
また、地元自治体の取り組みとのコラボレーションを図りながら、一企業が環境問題に貢献できる方法として、今後他地域でも広く普及していけばと考えおります。

 

「第七回カーボン・オフセット大賞」の本審査の結果について下記のサイトで発表されています。

CO-NetのHPhttp://www.co-net.org/index.html

環境省のHPhttp://www.env.go.jp/press/104842.html